読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古事連記帖

趣味のこと、技術的なこと、適当につらつら書きます。

Windows 8 Release Previewで見つけたいろいろな新機能とキーボードショートカット

Windows Developer Days 2012に参加してからというものの、最近はWindows 8を使う機会が増えてきました。
6月1日にはRelease Previewが発表され真っ先にインストールしたりしてます。


どっかの酢酸先生がTwitter

Win+Cでチャームな!Win8はショートカット覚えゲーで、老人に優しくない。

なんて言ってたので、Windowsキーになんか割り当てられていないかといろいろ調べてみましたよ

コマンド 効能
Win + C チャームの表示
Win + H 共有コントラクトの表示
Win + K デバイスコントラクトの表示
Win + I 設定コントラクトの表示
Win + F 検索コントラクトでファイルを対象に検索
Win + Q 検索コントラクトでアプリを対象に検索
Win + W 検索コントラクトで設定項目を対象に検索
Win + . (入力するごとに)アクティブのアプリを右→左にスナップ、最後は全画面に戻す
Win + Shift + . ↑の逆
Win + , デスクトップ画面のプレビュー
Win + Tab アプリ切り替えのバー(左にでてくるやつ)の表示
Win + PrintScreen 全画面キャプチャーして「ピクチャー」ライブラリの「スクリーンショット」に自動保存


今のところWindows 8で増えたと思われるショートカットキーはこんな感じ。


Consumer Previewではなかった新機能としては、マウスを使ってマルチディスプレイな環境で使っているとき、

見にくいですが、真ん中の赤枠の部分をポイントすると、マウスポインターは別ディスプレイへ移動できなくなっていました。
四隅をポイントするのはWindows 8ではチャームなどをだすアクションとして使われているので、おそらくそれをしやすいようにという改良だと思います。


ほかにもいろいろ探してみよう〜