読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古事連記帖

趣味のこと、技術的なこと、適当につらつら書きます。

Visual Studio 2013 Update 2 RCを入れてWindows Phone 8.0アプリを作る方法

先日 Build にて Windows Phone 8.1 が発表されたのと同時に、Visual Studio 2013 の Update 2 RC が発表になりました。


これを適用すると、Windows Phone 8.1 アプリが作れるようになりますが、Windows Phone 8.0 用のアプリを新規に作りたいときは、使うテンプレートがこれまでと違う階層、場所になります。

f:id:ChiiAyano:20140406022024p:plain

Windows Phone Silverlight」と書かれた方を選ぶと、WP8.0 用アプリが作れます。


従来のWindows PhoneアプリはWindows Phone Silverlightという名前になったみたいです。Windows Phone 8.1では、Windows 8.1とより共通なコードが書けるようになったみたいですが、もちろんWindows Phone 8.1用のWindows Phone Silverlightアプリも作れるっぽいです。(Windows Phone Silverlightのアプリテンプレートを選んだ際に出てくるターゲットバージョンに 8.1 が含まれていました)


なお、Visual Studio 2013 Update 2 RC は名前の通りRC (Release Candidate)版なので、今後名前とかいろいろ変わる可能性があると思います。