読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古事連記帖

趣味のこと、技術的なこと、適当につらつら書きます。

HYBRID W-ZERO3 の内覧会へ行ってきました!


記事の日付では今日ですが、書いてるのはその翌日ですw
というわけで、本日21日にありました HYBRID W-ZERO3 の内覧会へ出席しました。
ちょっと興味のあった端末だけに、期待を胸に大学から直行で新宿まで。
細かいことは他の人が書いていると思いますので、ここでは実機の体感程度で。



こんな感じでおよそ12台並んでいたようです。
というわけで早速触ろう!ってことで待機していると

こんな画面を出してる人に遭遇w
WILLCOM UI という、本端末でメインとなるUIが縦持ち用に設計されているため、
横になったときにこんな画面がでるそうです。…こんなの出すならできないようにすればいいんですがw


さてさて実機を拝見。


おおっ、ずいぶんケータイらしくなった!
これなら物珍しく見られなくて済むかも…?w

横になったり…

逆さまになったりと、センサーで楽々切り替えができます。
(ただ、横向きは反時計回りの方向にしか無理でした。利手の変更でどうにかなるのかな?(未確認


Windows Mobile 6.5 になったんだから、プリセットされてるゲームもなんか増えてるのかなーって思って見てみたところ…

残念ながら相変わらずのゲーム達。何か増えててもいいのになあ…(´・ω・`)


文字入力はあんまり試せてませんorz
でも、テンキー慣れしている人にとってやりやすい感じはしました。
変換精度もそこそこだったように感じています。実用性には耐えうるかなーと。


カメラ機能はWILLCOM 03よりもかなり充実していて、手ぶれ補正や笑顔認識などの一般ケータイに劣らない性能を持っていました。
ただ、せっかくタッチでやれるんだから、画面タッチでフォーカスやシャッターなどがあってもよかったかも。そこが残念。
でもこのカメラ機能は魅力的。だいぶ改善されていて、やっと使いたいって思うレベルにまで達してきたと思います。


どうやら話を聞いていると、Windows Live IDを登録したりサインアップしたりすると、
「willcomlive.jp」というドメインのメールアドレスが付与されるそうです。
機種変更で「willcom.com」「pdx.ne.jp」の人は、「willcomlive.jp」もしくは「it.willcomlive.jp」という形になるのだとか。
ふーむ。Gmailでプッシュ対応してくれないかなー(


このHYBRID W-ZERO3は、次の端末として視野に入れられるレベルには達していると思います。
ですが、まだ評価機であるというのもありますが、まだ「もっさり」な部分も多く、不安定な部分が多々ありましたので、
製品版としてできあがった頃には是非ともそういった部分の解消がされていればと思います。
ほしいけどWILLCOM 03の契約がまだ1年も経ってないので指をくわえてみているだけです…orz


あと、「Windows phone」は、「ウィンドウズ フォーン」と読むんだそうです…。